民泊申請専門 行政書士 渡邊正和事務所

大阪市の民泊申請専門の行政書士渡邊正和事務所のホームページです。
当事務所と関わる全ての方が幸せになるように、最高の価値を提供できるように、誠心誠意の対応をさせて頂きます。
迅速・丁寧に!!フットワークの軽い行政書士です!!
 080-3806-9890
お問い合わせ

民泊許可について

宿泊者を料金を取って滞在させるためには、旅館業法の許可を取らないと運営できないと法律で決まっています。

 

しかし、旅館業法の許可を取得するのは非常にハードルが高く、無許可で違法な民泊運営して、管理も法令に基づいていないため、周辺の住民とのトラブルが発生することもあります。

許可取得した上で運営できない理由としては、合法的に民泊運営することはハードルが非常に高い状態で、違法民泊営業を行っている状態でした。

 

2016年より、簡易宿所以外に合法的に民泊を運営する手段として,国家戦略特区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)が制定され合法的に運営ができるハードルが下がりました。

要件も緩和され、合法的な民泊営業が容易になりました。

 

大阪市、大阪府(一部の市を除く)では特区民泊の認定取得して合法的に民泊営業できます。

 

2016年度の外国人観光客は2400万人を超え、政府は2020年の東京オリンピックまでには4000万人まで増やす目標を掲げています。

 

インバウンド業務はこれからも、ますます需要は伸びていきます。

 

違法民泊営業に対して、行政の指導も非常に厳しくなってきております。

罰則規定も強化します。

平成30年6月に旅館業法改正で罰則規定が強化されています。

   

民泊申請に関する面倒な申請手続き 書面作成は、当事務所ですべてやらせて頂きます。

 

 

初回相談は無料です!!

どのような質問でも大丈夫です!

民泊専門の行政書士に、お気軽にお問合せ下さい!!

お問い合わせ
06-7506-6255
代表直通
080-3806-9890


電話一本すぐに伺います!!

メールは24時間受け付けております!!

⇒メールでのお問い合わせはこちら

2020.06.05 Friday